小説『封印した青春〜二月田から指宿の間に』<主題歌>

Category : ミュージックCD


この度、出版されたクライアント様よりご依頼いただきまして、

小説『封印した青春〜二月田から指宿の間で』・・

本の内容をイメージした音楽 (作詞・作曲)を提供しました。



実は、こちらの音楽を通じても、ある一人の女性をお探ししています ☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.昭和47年7月末(8月初め)当時、18歳。 現在は、おそらく65歳の女性。

2.当時、鹿児島市内にある短大の一年生。英文科か国文科。
 
  英語もしくは国語の教師を目指していた。

3.電車「指宿・枕崎線」で西鹿児島から指宿まで作者と同乗。

  錦江湾側の斜め向いの席に座る。
 
4.作者が窓開けをお願いして、一緒に窓を開けた。そこから会話が始まった。

5.夏休みは指宿のレストランでアルバイト。
  

(本の帯文)

〜 昭和47年の夏、指宿枕崎線で乗り合わせた女子短大生の「あなた」。
 
 名前も、住所も、たどれる情報はなに一つとしてない。

 「旅先での一期一会」と決めた青春の1ページは、大きな悔いを残した。

  通り過ぎた過去の「あなた」へ、思いはつのる。〜


今回の音楽作品ご依頼を通じて、何らかのお手伝いができましたら幸せです。

眩しい青春に思いを馳せて。お心寄せていただけますことを願っております。


販売価格

1,000円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

会員専用ページ

プロフィール


柴藤 ひろ子 [Hiroko Shibatou]
  • 作曲家・癒しのピアノ演奏家
  • 音楽制作フローラルミュージック代表
  • 鹿児島大学教育学部教員養成課程音楽科ピアノ専攻卒業
  • 鹿児島大学大学院教育学研究科作曲修士課程修了

モデルのない独自の発想で作家活動を展開する。
ホームページ - ブログ

カート

カートを見る

商品検索

売れ筋商品

商品カテゴリー

メルマガ登録・解除

フローラルミュージック

フィード購読

RSS - ATOM

管理設定

Login